おすすめ和菓子『水遊び』『手毬花』《巖邑堂 》

二十四節気と和菓子

こんにちは、年間100個以上の和菓子を食べるきりこです。

本日6月6日より、二十四節気【芒種】に入りました。江戸時代、太玄斎によって書かれた「こよみ便覧」に依れば

芒ある穀るい稼種する時なればなり

のげあるこくるいかしゅするときなればなり

「芒」とは、イネ科植物の穂先で針のように尖っている部分のこと。【芒種】とは、稲や麦など穂の出る植物の種を蒔く頃のことを表しています。蒸し暑さに身体が堪える時期ではないでしょうか。

今回は、この時期を少しでも涼やかに過ごせるのような和菓子2品選びました。どうぞ、ご堪能あれ。

『水遊び』

『水遊び』《巖邑堂 》

▪︎販売価格:1個432円(税込)
▪︎練りきり製白小豆こし餡
▪︎賞味期限:製造日より2日間
▪︎特定原材料等:やまいも
▪︎栄養成分表示:100gあたり267kcal

《巖邑堂》さんの練りきり製は、いつ見ても惚れ惚れするほど麗しい。『水遊び』は、水辺でひらひらと羽ばたく2匹の蝶々を意匠とした一品です。練りきりの白の余白が、より雅やかな雰囲気を醸し出していますね。引き算の妙を感じます。

色んなアングルで撮影してみました。水辺の草を表現したスジが、見れば見るほど美しい。

昨年食べた『翡翠』に比べあっさりとした意匠だと思いましたが、なかなかどうして。味わい深いですね。

『手毬花』

『手毬花(てまりばな)』

▪︎販売価格:1個432円(税込)
▪︎きんとん製大納言小豆つぶ餡
▪︎賞味期限:製造日より2日間
▪︎特定原材料等:やまいも
▪︎栄養成分表示:100gあたり228kcal

『手毬花』とは紫陽花の別名のこと。

紫陽花は土壌のpH(酸性度)によって花の色が変わることから別名「七変化」とも呼ばれています。花色は開花から日を経るに従って、徐々に変化する性質を持っています。根から送られてくるアルミニウムの量に差があると、同じ株でも部分によって花(咢)の色が変わるのも興趣が尽きないところですね。

参考:梅雨を彩るおすすめ『紫陽花』和菓子

《巖邑堂 》さんの『手毬花』は、淡紅色と薄藤色が入り交じった美しい意匠の一品です。一株に色んな表情を見せる紫陽花の艶やかさが、繊細なきんとん製で表現されていますね。

写真だと上手に色合いを表せず、苦労しました。店頭のディスプレイの方が分かりやすいでしょうか。

今回ご紹介した和菓子店舗

《巖邑堂 袖紫ヶ森店》

住所〒430-0801
静岡県浜松市中央区神立町字袖紫ヶ森136番10
□ JR浜松駅→遠州鉄道バス
バス停:西塚町停留所下車 徒歩3分
電話053-545-3232
営業時間9:00~18:00
休業日毎週水曜日

コメント

タイトルとURLをコピーしました